第1条「本規約の目的」
1. 株式会社TenaAdam(以下「当社」といいます)は、このZHISHAKU利用規約(以下「本規約」という)を定め、ZHISHAKU(以下「本サービス」という)を提供します。会員は、本規約の内容に同意の上、当社所定の新規ファンクラブ申請又はファンクラブ会員登録を行うものとし、その後当社が登録を承認した時点で、サービス毎に、本規約に基づく契約が成立したものとみなします。
2. 会員は、本規約の内容に同意の上、当社所定の新規ファンクラブ申請又はファンクラブ参加申請を行うものとし、その後当社が登録を承認した時点で、サービス毎に、本規約に基づく契約が成立したものとみなします。

第2条「定義」
本規約において使用する用語の定義は、以下のとおりとします。
(1) 「ファンクラブ」とは、本サービスを利用された人のあつまりをいいます。
(2) 「ファンクラブ作成者」とは、本サービスを利用して新規にファンクラブを作成しようとする個人をいいます。
(3)「ファンクラブ利用者」とは、本サービスを利用して既存のファンクラブに参加しようとする個人をいいます。
(4)「会員」とは、ファンクラブ作成者、ファンクラブ利用者並びに第4条第3項の規定に基づき設定された管理者および作業者をいいます。
(5) 「会費など」とは、ファンクラブの指定した会費などのファンクラブ運営上必要な費用としてファンクラブの構成員たる会員から徴収する金員をいいます。
(6) 「会費など決済サービス」とは、当社の提供する会費などの支払決済を代行するサービスのことをいいます。

第3条「本規約の範囲」
本規約はファンクラブ作成者と当社との間、および会員と当社における本サービスのご利用に係る方すべてに適用されます。

第4条「本規約の変更」
1. 本規約を変更するときは、当社の判断により会員の承諾なく随時変更・改定する事ができるものとし、全ての会員と当社の間で効力を有するものとします。
2. 当社が規約の変更・改定を当社もしくは本サービスのウェブサイトにおいて告知した時点から変更、改定された規約が最新の規約として、全ての会員と当社の間で効力を有するものとします。
3. 規約変更後も継続して本サービスを利用された場合は、それにより規約変更に同意したものとみなされます。

第5条「本規約の公表」
当社は、本サービスのウェブサイト、その他当社が定める方法により、本規約を公表します。

第6条「適用」
1. 本規約は、会員と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
2. 当社は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
3. 本規約の規定が個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。

第7条 「個人情報」
当社は、会員の個人情報を含む登録情報を、プライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。

第8条 「新規ファンクラブ申請」
1. ファンクラブ作成者は、当社所定の方法により新規ファンクラブ申請手続きを行うこととします。
2. ファンクラブ作成者が以下のいずれかに該当する場合、当社は新規ファンクラブ申請を拒否又は本サービスの利用契約を解除することができるものとします。この場合、当社は理由を説明する義務を負いません。
(1) 申請に関連して当社に提供された情報の全部または一部につき、虚偽、誤記、不足または公序良俗に違反し若しくは第三者に不快感を与える内容があった場合
(2) 未成年、成年被後見人、被補助人が、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意を得ていない場合
(3) 過去に本規約に違反したことがある場合
(4) 寄付、クラウドファンディングその他不特定多数の者から団体の運営以外の名目で集金をすることを目的とした団体を作成しようとする者である場合
(5) 暴力団などの反社会的勢力である場合
(6) 暴力団などの反社会的勢力である団体を作成しようとする者である場合
(7) その他、当社が本サービスの利用を相当でないと判断した場合
3. ファンクラブ作成者は1名のファンクラブ管理責任者を定めなければなりません。

第9条「ファンクラブ管理」
1. ファンクラブには、1名の管理責任者をおかなければなりません。
2. ファンクラブは、1名または複数名の管理者または作業者をおくことができます。
3. 管理責任者および管理者は、管理者および作業者を設定または変更することができます。
4. 管理責任者は、管理責任者のみが変更することができます。ただし、何らかの理由により、管理責任者が退会した場合、管理者が管理責任者を変更することができます。(元文:ただし、第11条「会員の責任」第9項に定める場合に限り、同項に定める通知を受けた管理者が管理責任者を変更することができます。)
5. 前2項の規定による管理責任者、管理者および作業者の変更は、当社所定の方法により、本サービスに登録しない限り効力を生じません。
6. 管理責任者は、当社所定の方法により、その管理する団体を閉鎖することで解散させることができます。
7. ファンクラブを閉鎖するためには、閉鎖の1ヶ月前に、当社所定の方法により、当社および団体の構成員に対し告知しなければなりません。
8. 第6項の規定により閉鎖する旨の申請をした団体が会費など決済サービスを利用している場合、その申請の日から会費など決済サービスを利用できなくなります。
9. 会費などを徴収するファンクラブは、当社所定の方法により、特定商取引法に基づく表記を提示することとします。

第10条「ファンクラブ会員登録」
1. ファンクラブ利用者は、当社所定の方法によりファンクラブへの会員登録を行います。
2. 第8条「新規ファンクラブ申請」第2項の規定は、ファンクラブ利用者が同項各号のいずれかに該当する場合に準用します。このとき、同項中「新規ファンクラブ申請」とあるのは、「ファンクラブ会員登録」とします。(※よく意味がわかない。いらない?)

第11条「会員の責任」
1. 会員は、新規ファンクラブ申請時またはファンクラブ会員登録時に提供した情報に変更がある場合には、常に最新の情報となるよう修正しなければならないものとします。
2. 会員は、本サービスの利用に際して登録したIDおよびパスワードなど(以下「パスワードなど」といいます。)を不正に利用されないようご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。会員は、パスワードなどが第三者に使用されたり盗まれたりしていることが判明した場合には、直ちにその旨を管理者に通知するとともに、管理者からの指示に従うものとします。管理者は、会員から上記通知があった場合、直ちにその旨を当社に通知するものとする。当社は、登録されたパスワードなどを利用して行われた行為を、会員ご本人の行為とみなします。
3. 会員と当社の間おける本規約に基づく契約は、理由を問わず(所属するファンクラブの解散に伴う場合を含みます。)、会員資格が削除された時点で将来にむけて解約されます。会員が誤って会員資格を削除した場合であっても、会員資格の復旧はできませんのでご注意下さい。
4. 本サービスの会員資格は会員に一身専属的に帰属します。会員の本サービスにおけるすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与、名義変更、売買または相続などさせることはできません。
5. 会員は、会員ご自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
6. 会員が本利用規約に違反して当社に損害を与えた場合、会員はその損害のすべて(弁護士費用を含むがこれに限られない。)を賠償しなければなりません。
7. 当社は、会員が本規約に違反し、またはその恐れがあると判断した場合、当社は、本サービスの利用停止を含む必要かつ適切と判断する措置を講じます。ただし、当社は、かかる違反を防止または是正する義務を負いません。

第12条「退会」
1. 会員は次項による場合を除き、いつでも本サービスを退会することができます。
2. ファンクラブ管理責任者である会員は、以下のいずれかに該当する場合でなければ、その管理するファンクラブから脱退することはできません。
(1) その管理する団体を閉鎖する場合
(2) ファンクラブ管理者を変更する場合
(3) その他当社が特に認めた場合

第13条「本サービスの停止・中止・終了」
1. 当社は、以下各号の事由に起因する場合、本サービスの全部または一部の提供を停止することができるものとします。
(1) 定期的または緊急に、本サービス提供のためのシステムの保守・点検を行う場合
(2) 火災・停電、天災地変などの非常事態により本サービス運営が不能となった場合
(3) 戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議などにより、本サービスの運営が不能となった場合
(4) サービス提供のためのシステムの不良、第三者からの不正アクセスまたはコンピューターウイルスの感染などにより本サービスを提供できない場合
(5) 法律、法令などに基づく措置により本サービスが提供できない場合
(6) その他、当社が止むを得ないと判断した場合
2. 当社は、前項により本サービスの運用を停止する場合、事前に電子メールなどにより会員および第三者にその旨を通知するものとします。ただし、緊急の場合は、この限りではありません。
3. 当社は、 必要があると判断した場合、事前に電子メールなどにより会員および第三者に通知することにより本サービスの全部または一部を中止・終了することができるものとします。
4. 当社は事前に電子メールなどにより会員および第三者に通知することなく、本サービスの内容または名称につき変更することができるものとします。
5. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

第14条「禁止事項」
1. 会員は本サービスの利用に当たって、故意・過失の有無を問わずに以下各号の行為またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
(1) 当社又は第三者の所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティ権等の正当な権利を侵害する行為
(2) 他の会員、当社又は第三者に不利益及び損害を与える行為並びに名誉を侵害する行為(3) 公序良俗に反する行為
(4) 法律、法令等に違反する行為
(5) 当社の事前の明示的な承認がないにも関わらず、本サービスに関連して営利を目的とする行為
(6) 本サービスの運営を妨害する行為
(7) 本サービスの信用を失墜、毀損させる行為
(8) 異性交際を目的として本サービスを利用する行為
(9) わいせつとみなされる情報を掲載する行為
(10) 虚偽の情報を登録する行為
(11) 会員登録希望者または会員の登録情報、認証情報等を不正に利用する行為
(12) 1つの会員資格を複数人で共有する行為
(13) 上記各号の行為を助長する行為
(14) その他、当社が不適切と判断する行為
2. 会員が前項各号に違反する行為をした場合、当社は、会員たいする事前の通知なく、会員による本サービスの利用停止その他当社が必要と認める措置を行うことができるものとします。その場合、当該措置に関する質問・苦情は一切受け付けません。

第15条「反社会的勢力排除」
1. 会員またはファンクラブ(以下「会員など」といいます。)は、自らが、現在または将来にわたって、「暴力団等反社会的勢力」に該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約します。
2. 会員などは、自らまたは第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。
(1). 暴力的な要求行為
(2). 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3). 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4). 風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為
(5). その他前各号に準ずる行為
3. 会員などが暴力団等反社会的勢力に該当することが判明した場合、または前項各号に違反する行為をした場合、当社は、会員等に対する事前の通知なく、当該会員資格を削除又は当該団体を解散します。その場合、当該措置に関する質問・苦情は一切受け付けません。
4. 前項の規程により会員資格が削除された会員または解散されたファンクラブは、会員資格の削除または団体の解散により生じる損害について、当社に対し、一切の請求を行うことができません。

第16条「免責事項」
1. 当社は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、会員に対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。
2. 当社は、本サービスに起因し会員に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社と会員との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
3. 前項ただし書きに定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により会員に生じた損害の内特別な事情から生じた損害(当社または会員が損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。
4. 当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により会員に生じた損害の賠償を行う場合、会員から当該侵害が発生した月に受領した対価の額を上限とします。

第17条「知的財産権等」
1. 本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他一切の情報について発生している著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権 その他の人格権並びに所有権その他の財産権は、利用者が自ら作成したものに関する権利を除き、当社又は当該権利を有する第三者に帰属します。本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービス等に関する当社又は当該権利を有する第三者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
2. 当社は、本サービスを利用して投稿その他送信するコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含むがこれらに限りません。)について、本サービスの円滑な提供、当社システムの構築、改良及びメンテナンス等に必要な範囲内で、変更、切除その他の改変を行うことができるものとします。
3. 会員は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決すると共に、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

第18条「規約改訂」
当社は、必要と判断した場合には、会員、ファンクラブに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。なお、本規約の変更後、本サービスの利用をした場合には、当該会員、ファンクラブは変更後の規約に同意したものとみなします。

第19条「通知または連絡」
会員と当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。当社は会員から当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り、現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行います。これらは、発信時に会員へ到達したものとみなします。

第20条「調査」
当社は、本規約に定める事項について、会員に対し調査の協力を求めることができるものとし、会員は、その求めにすみやかに応じるものとします。

第21条「譲渡禁止および事業譲渡」
会員は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡、移転、担保設定、貸与、その他の処分をすることはできません。

第20条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

第23条「会費等決済サービスの流れ」
1. 会費等決済サービスを利用する会員は、所属するファンクラブが定めた会費等を当社に対して支払います。
2. 当社は、毎月末日限り、当月中に集めた会費等を集計し、翌月末日限り、第1項に基づき当社が代行して集金した金額から、次条に定めるシステム利用料等を差し引いたのち、当月末日時点におけるファンクラブの登録口座に対し振り込む方法で支払います。
3. 決済機関からの当社に対する支払いが留保された場合、当社は、その旨をファンクラブに通知することにより、該当の会員の利用を停止することができるものとします。ただし、支払いの留保が、当社の責めに帰すべき事由に基づく場合はこの限りではありません。
4. 第2項に基づく振込ができなかった場合、当社は、ファンクラブ管理責任者及びすべてのファンクラブ管理者に対し、振込ができなかったことを通知します。
5. 第15条第4項および前項その他のファンクラブの責めに帰すべき事由によりファンクラブが解散された場合、当社は、第2項に基づく振込に係る金員を違約金として没収することができるものとします。
6. 第1項に基づく会員の当社に対する会費などの支払いは、会員とその所属するファンクラブの間における契約に基づくものであり、当社は代理受領権者として当該会費等を受領するにすぎません。

第24条「システム利用料」
会費など決済サービスのシステム利用料は、会費など決済サービスを利用して会費などを支払った会員から当社に入金された金額の20%(税抜)です。ただし、1回の入金あたり、最低額を金1,000円とします。

第25条「会員との折衝」
1. 会員に対する会費などの請求に関する一切の折衝はファンクラブ自身がこれを行うものとし、当社は会員に対して会費などの内容の説明、請求書などの発行および入金の催促などは行わないものとします。
2. ファンクラブによる会費などの誤設定などのファンクラブまたは会員の責めに帰すべき会費などの返金業務などについては、団体が自己の責任において行うものとし、当社は一切関与しないものとします。
3. 前項の場合、ファンクラブ及び会員は、当該返金について誠実に協議して解決するものとします。

第26条「表明保証」
会費など決済サービスを利用するファンクラブ(以下「申込者」ともいう。)は、当社に対し、以下の内容を表明し保証するものとします。
申込者は、直近5年間に特定商取引法による行政処分または消費者契約法違反を理由とする敗訴判決を受けていません。

附則
制定:令和2年7月1日